悩み・ストレス 施設介護業務スキル

【介護職あるある】介護施設で間違った働き方6選【気づかず当てはまっている人は多いです】

 
 
 

しん
みなさん、こんにちは。
投稿者のしんです。

 
 
 
私は、新卒で特別養護老人ホームに入社しました。
 
その後かれこれ10年以上、介護現場で働いています。
 
2年~3年で、1つの部署を異動してきました。
 
特別養護老人ホーム、グループホーム、ショートステイをこれまで経験し、今に至ります。
 
 
 
今後のキャリアとしては、「しろくま介護ナビ」を利用して、在宅施設のサービスを経験していく予定です。
 
日本の介護の現状と課題を、施設介護の観点から学びたいと思っております。
 
 

0円で人間関係の良い職場を見つける


 
合わせてみる
しろくま介護ナビはどんなサイト?

    しんサービスの利用は一切費用が掛かりません     【他社サイトと徹底比較】しろくま介護ナビの特徴(メリット)       ...

続きを見る


 
介護をするうえで、「人間関係」の悩みは、必ずつきまといます。
 
私は、長年、介護現場で多くの失敗をしてきました。
 
その経験を通して、お伝えできることがあります。
 
こちらの記事で少し楽になると思います(^^)
 
心が軽くなる
人間関係で悩まれている方へ

    しん介護施設で働く職員は、必ずといって良いほど直面する問題です       【人間関係の悩み】具体的にどんな問題があるの?   &n ...

続きを見る


 
この記事では、介護施設で働く方について書いていきます。
 
介護現場では、ご利用者の生活の支えるため、介護職がチームとなり、
 
日々、ケアをしていくことが求められます。
 
 
 
 
「生活の質」という、目にみえない課題と向き合うため、
 
どうしても職員間の介護観の違いにより、うまくコミュニケーションがとれないこともあります。
 
 
 
 
私は介護に携わり10年以上が経過していますが、
 
これまでを振り返ると、働き方で失敗した経験が多くあります。
 
この経験を通して、みなさんにお伝えしていきます。
 
 
 
読んでくれているみなさんも、気づかないうちにこういう働き方になっているかも?
 
 
 

【介護職あるある】介護施設で間違った働き方6選【気づかず当てはまっている人は多いです】

 
 
 
これから書いていく内容を読むと、こう思われる方が多いと思います。

  • あの職員に当てはまっているな
  • まさにあの職員のことだ!

 
そう思うのは、当然だとは思います。
 
 
 
 
 
本題にいく前に、最初に私からお願いしたいことがあります。
 
 
それは、少しでも「私はこんな働き方になってないかな?」と、考えて頂ける機会にしてもらいたいと思っています。
 
 
 
自分の働き方は、なかなか自分では分かりにくいものですからね(^^)
 
 
 
それでは、紹介していきます。
 
 
 

「残業をして働く=仕事を頑張っている」と勘違いしている

どの介護施設でも、「残業」が課題になっていると思います。
 
もちろん、残業をしないと業務が回らなくなったり、ご利用者に迷惑をかけてしまうともあると思います。
 
突発的に、ご利用者に事故が起こる場合もあります。
 
その場合は、どうしても「残業」というものが仕方ないものになってしまいます。
 
 
 
多くの職員が定時で上がりたいと思っていると思いますが、
 
残業をしている方の中には、
 
「残業をしている=仕事を頑張っている」と勘違いしている方がいます。
 
昔の私もそうでした。
 
 
一見、責任を持って自分の仕事に取り組んでいるように見えますが、
 
その行動が逆に、他の職員の邪魔をしていることもあります。
 
 
 
そのため、残業をする上で、注意しておいた方が良いことがあります。

必ず意識しておくべき点
  • 疲れの蓄積により、効率が下がる
  • 疲れの蓄積により、判断力が鈍り、事故につながる
  • 他の職員の仕事の邪魔になる
  • 「要領が悪い」「仕事が遅い」というイメージを持たれる

 
 
「どうしたら定時で帰ることができるのか」
 
この意識は、大切なことだと思います。
 
 
 

立場・役割の関係で仕事量が多い方へ

ベテランや管理職をされている方には、一人当たりの仕事の量が多く、
 
残業せざるを得ない方もいると思います。
 
私にも経験がありますので、気持ちはお察しします。
 
毎日、頭から煙が出そうになりますよね(笑)
 
 
私も、その頃いろいろ工夫していたことがありました。
 

工夫して効果があったこと
  • 抱えている仕事に、優先順位をつける
  • 常に、頭の中で、抱えている仕事を終わらす手順を考えている
  • 自分がしなくても良い仕事を、他職員に協力を依頼する
  • 空いた時間(業務中、夜勤中)を有効活用する
  • 残業する日、定時で帰る日を分ける

 
 
これらを考えることで、毎日の残業時間は大幅に減りはしました。
 
しかしこれをしても、残業は発生していたのが現実です。
 

しん
まぁ、残業を「0」にするのは、無理だなと感じてはいましたが・・。

 
 
 

「業務をただまわせば良い」と思っている

みなさんは、業務の段取りを組む時、何を意識されていますか?
 
業務は、ただまわせは良いというものではありません。
 
 
 
何も考えず、業務をまわすことだけを意識していると、
 
業務にご利用者のケアを合わせることになります。
 
 
これに対して「仕方がない」と言われる方がいます。
 
しかし、その発言をされる方の大半は、業務の段取りの方法を
 
知らない方だと思います。
 
 

私が業務をまわすときに、注意していること

  • 全職員が残業なく帰れる
  • その日の業務(入浴、行事等)がスムーズにまわる
  • 全職員が余裕をもって働ける
  • ご利用者にとって不快になる環境を少なくする
  • 事故が起こらない人員配置
  • その日の業務のまわしかたを全員に説明し共有する

これらのことを考えています。
 
これらは、どれが欠けてもいけません。
 
そのため、毎日ユニットの雰囲気をみて、まわし方が変わります。
 
 
 
業務の段取りを組む=職員がどう動くか
 
これを意識しましょう。
 
 
 

重要なポイント

  • 職員がバタバタすると、それだけご利用者の安心できる場所を奪います
  • 「職員がどれだけ笑顔多く、余裕をもって仕事ができるか」これを意識する。

 
 
業務の回し方は、下の記事でも紹介しています。
 
【参考記事1】業務の段取りが下手な人の5つの特徴とは?
【参考記事2】業務のまわしかたを間違えると、人間関係が悪くなる
 
 
 

「相談」の工程をとばし「報告」だけする

介護施設において、業務をまわす時。
 
「相談」ができていない職員は、かなり多いです。
 
昔の私もよく先輩に怒られました(笑)
 
「相談」ができるようになるには、職員間のコミュニケーションが必要です。
 
 
 
これが上手くできないと、下記の問題が生じやすくなります。

  • 業務がまわらない
  • 要らないストレスを職員間で抱える
  • ご利用者に事故が起こる

良いことなしです。
 
 

職員間のコミュニケーションをとる際の注意点

「〇〇しようと思うんですけど、どう思います?」
 
この会話をしっかりすることが本当に大切です。
 
 
この会話をせず、勝手に判断しケアをすすめると、
 
後々、「なに勝手なことしてるの!?」ということになります。
 
 
職員間のコミュニケーションでは、「相談」を一番に意識しましょう。
 
 
 

「ご利用者の反応」を待つことができない

 
 
 
業務が忙しくなると、どうしても業務をまわすことに意識がいきます。
 
そうなると、職員の動きは効率を求めるようになります。
 
 
業務を早くまわしたいと思った時は、どうしてもバタバタ動くことに意識しすぎて、
 
ご利用者の反応を待たずに、ケアをすすめる方がいます。
 
それは、逆効果です。
 
 
 
業務がまわってないのは、介護者の都合です。
 
ご利用者には、何も関係ありません。
 
 
それなのに、急に行動を急かされると、誰でも「急に何やねん」と思いますよね。
 
 
忙しい時こそ、ご利用者の反応をしっかり受け取りましょう。
 
 
 

自分のことしか考えていない

これは、いろいろなことに言えると思います。
 
職場は、自分だけじゃなく、みんなで使う共有スペースです。
 
次の人のことを考え仕事をする
 
これは、とても大切です。
 

  • 資材が少なくなったら、補充をしてあげる
  • 自分の仕事を終わりには、次の職員がスムーズに働けるよう配慮する

 
 
日々の積み重ねが、職員間の信頼にもつながっていきます。
 
 
 

リスクマネジメント(危険予測)ができない

実際の現場で、リスクマネジメントをすることは、とても難しいことだと思います。
 
リスクマネジメントは、ご利用者の言動を観察して、次やその次の動きまで予測することが必要です。
 
今日教わって、明日からできるようになることはありません。
 
 
これに関しては、机上で学ぶことも必要ですが、
 
実際の現場で多くのことを経験し、そして失敗する。
 
その失敗から何を学ぶのか。
 
 
ある程度の失敗経験は必要になると思っています。
 
事故は起きる時は、起こります。
 
 
しかし、職員側の問題で、起きなかったはずの事故を起こしてしまうこともあります。
 

  • 転倒リスクが高いのに、放置している
  • 職員間の連携不足
  • 職員の日頃の「気づき」の共有不足
  • 「大丈夫だろう」という根拠のない思い込み

 
 
こういった状況の改善は、職員みんなで取り組んでいかないといけません。
 
リスクマネジメント(危険予測)について、詳しく書いている記事もあります。
 
【参考】リスクマネジメント(危険予測)の基本的な考え方
 
 
 

おわりに

この記事では、私の経験を通して書いていきました。
 
介護者が、介護を楽しめる環境は、
 
ある意味、「介護者の自己満足をどこまで満たせるか」なのかなと感じています。
 
 
自分のしたい・してあげたい介護を、どこまでしてあげられるか。
 
これを満たすことができれば、介護は楽しくなる。
 
満たせなければ、介護がつまらなくなる。
 
これは事実としてあるのかなと感じています。
 
 
 
しかし、自分の思いに固執しすぎることで、

  • 他の職員が働きにくい環境になる
  • ご利用者に迷惑がかかる

このようなことにもなります。
 
 
 
ご利用者のための介護をするためには、
 
あなた自身のことも、他の職員のことも、
 
あなた自身が考えていく必要があると思います。
 
そこに役職は関係ありません(^^)
 
 
 
 
 

介護職の給料事情「新人の給料」と「介護歴10年の給料」を比較

      しん 毎日同じことの繰り返しだな。 このままで良いのかな。 いつまで同じことをしているんだろう。   働いているうちに、こういった感情になってしまう ...

どうにかこの辛い毎日を抜け出したい・・・。【介護職の転職】

      しん 人が足りないのに、働き方改革なんて無理だ! うちは働き方改革とは無縁だ・・。     そう思われている方もいるのではないでしょうか? ...

【社畜人生から抜け出そう!】ブラックな介護施設14つの特徴と対策【現役介護士が解説します】

    しん物件探しと同じと考えたら、イメージが湧きやすいですよ!       【事実】良い条件の施設は、すぐに募集がなくなる どの施設も、「人材不足 ...

【かいご畑】デメリット・メリット、評判・口コミなど徹底紹介

    しんサービスの利用は一切費用が掛かりません     【他社サイトと徹底比較】かいご畑登録のメリットとは? 登録し、利用するメリットは下記の5つです。 無 ...

【しろくま介護ナビ】これだけ見れば全て載っている!?【知りたい情報】

    しんサービスの利用は一切費用が掛かりません     【他社サイトと徹底比較】しろくま介護ナビの特徴(メリット)       ...


 
 

【最新記事】HOMEからどうぞ


 
 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

 
良い記事だなと感じて頂けましたら。

  • いいね!
  • シェア

お願いします♬
 
※TOPページから、メールアドレスを登録して頂けますと、最新記事がいち早くメールで届くようになります。

 
 

スポンサーリンク

おすすめ

1

    しん介護施設で働く職員は、必ずといって良いほど直面する問題です       【人間関係の悩み】具体的にどんな問題があるの?   &n ...

2

      しん 毎日同じことの繰り返しだな。 このままで良いのかな。 いつまで同じことをしているんだろう。   働いているうちに、こういった感情になってしまう ...

3

      しん 人が足りないのに、働き方改革なんて無理だ! うちは働き方改革とは無縁だ・・。     そう思われている方もいるのではないでしょうか? ...

4

      しん 今仕事を辞めて大丈夫なのかな? 今辞めても、次の職場がすぐに見つからないだろうな。 このように感じている方もおられると思いますが、そんなことはありません ...

Copyright© ほのぼのかいご情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.