介護

【介護施設の職員むけ】チームワークだけでは、介護はできません

 
 

しん
みなさん、こんにちは。
投稿者のしんです。

 
 
 
私は、新卒で特別養護老人ホームに入社しました。
 
その後かれこれ10年以上、介護現場で働いています。
 
2年~3年で、1つの部署を異動してきました。
 
特別養護老人ホーム、グループホーム、ショートステイをこれまで経験し、今に至ります。
 
 
 
今後のキャリアとしては、「しろくま介護ナビ」を利用して、在宅施設のサービスを経験していく予定です。
 
日本の介護の現状と課題を、施設介護の観点から学びたいと思っております。
 
 

0円で人間関係の良い職場を見つける


 
合わせてみる
しろくま介護ナビはどんなサイト?

    しんサービスの利用は一切費用が掛かりません     【他社サイトと徹底比較】しろくま介護ナビの特徴(メリット)       ...

続きを見る


 
 
人間関係の悩みを持たれている方へ。
 
こちらの記事読んで頂けると、少し気持ちが楽になると思います(^^)
 
心が軽くなる
人間関係で悩まれている方へ

    しん介護施設で働く職員は、必ずといって良いほど直面する問題です       【人間関係の悩み】具体的にどんな問題があるの?   &n ...

続きを見る


施設で介護に携わる方は、よく聞きませんか?
 

  • 「介護はチームワークが大切だ!」
  •  

  • 「介護はチームケアだ!」

 
先輩や上司から言われたことがある人も多いと思います。
 
また、あなた自身が後輩や新人に指導していませんか?
 
 
 
「介護はチームケアが基本」
 
間違ってはいませんが、それだけでは、介護はできません。
 
 
 
 

【介護施設の職員むけ】チームワークだけでは、介護はできません

 
 
介護に携わる仕事をしている方は、ご利用者に質の高い介護をすることが求められます。
 
質の良い介護を行ううえで大切な視点があります。
 
 
 
それは、下記の2点です。

  • 個人の質を上げる
  • 協調性(チームワーク)

この2点、どちらが欠けても良い介護はできません。
 
 
 
 
介護は確かに、チームワークは大切です。
 
しかし
 
口では「チームワークは大切だ!」と言っても、できていない職員は多いと思います。
 
個人の質とチームワークがなぜ大切なのか。
 
できるだけ分かりやすく、説明していきます。
 
 
 

職員一人一人の能力が大切な理由

まずは、介護現場において、一人一人の職員に何が求められるのか。
 
お伝えします。
 

個人に求められる能力
  • 介護技術
  • 知識
  • 観察力
  • 洞察力
  • 協調性(コミュニケーション能力)

基本的にこれらのスキルが求められます。
 
 
 
よく、介護現場で「その人を思う気持ちが大切だ」とも聞きます。
 
全て否定することはしませんが、それだけではいけません。
 
なぜなら、それをしていると、結局介護者の自己満足のケアになってしまうからです。
 
 
 

  • 介護者の介護技術が下手だと、ご利用者に要らない負担をかけます。
  •  

  • 知識がないと、ケアの質は絶対にあがりません。
  •  

  • 観察力・洞察力がないと、事故やトラブルが起こります。
  •  

  • 協調性がないと、チームを崩壊させます。

 
 
 
よくありません?
 

  • この職員が関わると、なぜかアザが多い?
  • この職員の後は、精神的不安定になっている人が多い。
  • この職員と一緒に働くと、業務が回らない 等

 
 
ご利用者のケアの質を上げたいなら、必ず個人の能力を上げる必要があります。
 
 
 

協調性(チームワーク)の本当の目的

介護において、チームワークは基本です。
 
よく聞きますよね。
 
チームワークの本当の目的を理解されていますか?
 

チームワークの目的

ご利用者のケア方針・ケア目的の統一

 
これが、チームワークを行わなければならない理由です。
 
 
そのため、一人一人の職員に、チームワークを維持する協調性が求められます。
 
 
協調性を無視して、自分のしたい介護をすることは、その職員の自己満足でしかありません。
 
 
 
介護現場では、「人間関係」で悩まれている方が多いです。
 
相手に問題がある場合もありますが、
 
そもそも、日頃からあなたと周りの職員とのコミュニケーションがとれていない。
 
これが、ほとんどの原因になっていたりします。
 
 
しん
介護現場で仕事をするのなら、あなた自身、個人の能力が必ず求められます

 
 
 
ここまで読まれた方の中には、
 
でもどうやって自分の能力を磨けば良いの?
 
と思う方もおられると思います。
 
 
 
そんな方のために、個人の能力を上げるためにすべきことをお伝えします。
 
 
 

あなた自身の能力をあげる

 
 
能力をあげるためには、いくつか方法があります。

  • 専門的知識・技術をつける
  • 日頃から間違い探しを意識する
  • 他人の価値観を知る
  • 経験(時間)を重ねる
  • 環境を変える

 

専門的知識・技術をつける

より良いケアをしていくうえで大切なだけでなく、
 
介護のストレスも、知識や技術が不足していることが多いです。
 

  • ご利用者が望む生活を提供するために、介護者側の選択肢が増える
  • 職員の身体を守る

 
 
仕事をする上で、専門的な知識を得たい場合。
 
一番効率的なのは、その仕事に関する研修や資格の勉強をするのがおすすめです。
 
 

介護現場で働く方におすすめの資格
  • 介護福祉士
  • 認知症ケア専門士

 
介護福祉士は、介護職唯一の国家資格です。
 
取得難易度もそれほど高くはなく、取得した後のデメリットはありません。
 

 
 
認知症ケア専門士は、認知症専門の資格です。
 
資格の取得とまでいかなくても、
 
介護において「認知症」の知識は、必ず必要になります。
 
避けては通れません。
 


 
 

介護現場で働く方におすすめの研修
  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員初任者研修とは?

    介護に携わる方が、最初に取得することが望ましいとされている資格。
     
    未経験の方でも、取得しやすい資格。
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士実務者研修とは?

    介護福祉士(国家資格)の受験資格。
     
    介護職員初任者研修の上位資格の位置づけ。
     
    介護の基礎知識をしっかり学びたい方におすすめ。
  • 認知症介護実践者研修
  • 認知症介護実践者研修とは?

    すでに施設や事業所など介護の現場で介護職として働いている方が対象。
     
    認知症高齢者に、より質の高いケアを提供できる専門職員を養成する研修。

この3つが代表的なものになります。
 
 
 
私は、介護現場で10年以上経験し、今でも介護施設で働いています。
 
私のブログでは、介護者が抱える悩みに対する記事も書いています。
 
参考になると思います。
 
 

間違い探しを意識する

これは、日頃から観察力・洞察力を磨く方法です。
 
こちらの記事で、洞察力について詳しく書いています.
 


 
 
 
観察力・洞察力を身につけることで、毎日の小さな変化に気がつくことができます。
 
その小さな変化を感じるとることができれば、
 
普段と同じケアでも、配慮する箇所を変えることができます。

  • 声かけの方法
  • 周囲の環境への配慮
  • 横になる(臥床)タイミング 等

 

しん
日々の積み重ねも必要ですが、それがご利用者に伝われば、信頼関係を構築することができます。

 
 

他人の価値観を知る

介護者の方で、時々おられます。
 
 
自分の介護観に酔っている方
 
 
 
他の職員の意見も聞かずに、自分の思う介護を続けていくことは、
 
自分の視野を狭めます。
 
 
 
個人的に、「介護は〇〇だ!」という職員で、私が「良い職員さんだな」と感じた方は過去いません。
 
チームの協調性を意識するうえで、他の職員の介護観を受け入れることも必要です。
 


 
 

経験(時間)を重ねる

どうしても、経験は必要なものになります。
 
介護は人の生活に寄り添う仕事です。
 
 
 
物なら今日変えようと思えば、今からでも変化がみえるかもしれません。
 
しかし、介護はそうはいきません。
 
もしかしたら、そのご利用者の最期まで、目に見える変化は見えない可能性もあります。
 
 
それでも、介護は常にご利用者のために、「より良く」を考えなければいけません。
 
 
 
日頃から「より良く」を考えることで、それを積み重ねることで、
 
自分の視野が広がっていきます。
 
 

環境を変える

これは、強制的に自分の居る環境を変えることを指します。
 
自分の中の視野を広げるには、一番効果的な方法です。
 
「環境を変える」となると、異動転職です。
 
 
 

これを言われると、耳を貸したくない方もいますよね。
 
そういう方は、「環境を変える」ことは考えなくて良いと思います。
 
おそらく、あなたの中でそこまで「変わりたい!」「成長したい!」と思っていないのかなと思います。

 
 
同じ場所で働いていると、今いる環境に慣れが出てきます。
 
仕事に慣れが出てくると、外部の人が「?」と思うことでも、
 
全てのことが当たり前という感覚になります。
 
 
 

注意ポイント

自分を成長させることを、本当に意識している人は、環境を変えることも、一つの選択肢として持っておいても良いと思います。

 
 
 

自分の成長の障害となる「人間関係」の悩み

仕事をするうえで、あなたの成長の障害となる人がおり、耐えられないのなら、
 
すぐにでも環境を変えることをおすすめします。
 
 
 
「どこに行っても相性の悪い人はいる」
 
一理ありますが、全てそうとも限りません。
 
上司が違えば、施設は違います。
 
そして、「人間関係」の問題と、どう付き合っていくかはあなた次第です。
 
 
「人間関係」をテーマにした記事はこちら👇


 
 
 

さいごに

介護施設の職員にむけて、チームワークだけでは介護はできない理由を書いていきました。
 
 
 
質の高い介護をするためには、
 
チームワークを基本とした個人の能力が重要になります。
 
 

  • 現在の自分に満足しないこと
  •  

  • チームワークを行うために、協調性を意識すること

どちらが欠けてもいけません。
 
 
2つの項目、両方が必要になります(^^)
 
 
 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

 
良い記事だなと感じて頂けましたら。

  • いいね!
  • シェア

お願いします♬
 
※TOPページから、メールアドレスを登録して頂けますと、最新記事がいち早くメールで届くようになります。

 
 

スポンサーリンク

おすすめ

1

    しん介護施設で働く職員は、必ずといって良いほど直面する問題です       【人間関係の悩み】具体的にどんな問題があるの?   &n ...

2

      しん 毎日同じことの繰り返しだな。 このままで良いのかな。 いつまで同じことをしているんだろう。   働いているうちに、こういった感情になってしまう ...

3

      しん 人が足りないのに、働き方改革なんて無理だ! うちは働き方改革とは無縁だ・・。     そう思われている方もいるのではないでしょうか? ...

4

      しん 今仕事を辞めて大丈夫なのかな? 今辞めても、次の職場がすぐに見つからないだろうな。 このように感じている方もおられると思いますが、そんなことはありません ...

Copyright© ほのぼのかいご情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.