在宅介護

【大切な考え方】介護疲れには選択肢がある

 
みなさん、こんにちは。
しんです。

  • もう本当にしんどい
  • どうしたらいいの・・。
  • 助けてほしい・・。

  •  

    日々介護で疲れている方に、少しでも届けたいと思い書かせて頂きます。
     

    読者のみなさんへ

    私は、介護福祉士として10年以上介護に携わっています。
    これまで、在宅で介護されている介護者の方に、負担が少なる在宅介護の相談にのってきました。
    この記事では、主に介護者の負担軽減に特化した内容になります。

     
    しかし
    決して高齢者虐待をすすめるものではありません。
    これは勘違いしないでください。
     

    この記事でお伝えしたいこと

    • 介護疲れの現実
    • 介護疲れの負担が軽減する2つの方法
    • 疲れを口に出せる場所はある

     
    みなさんの負担が少しでも少なるなるように、心をこめてこの記事を書きたいと思います。
    前置きが長くなりましたので、ここから説明していきます。
     

    介護負担の現状を理解しよう

     
    介護の選択肢についてご説明する前に、「介護の理想」を知っておいてもらう必要があります。
    まずは、介護の理想とは何なのかを理解しておいて下さい。

    介護の理想とは

    介護される方が「何を必要としているのか」「何を求めているのか」ということを理解し、一人の人間として無条件に尊重されることです。
    これのお手伝いをするのが、介護者の役割となります。

    認知症ケアでいうと、「パーソンセンタードケア」というものになります。
     
    施設で働く介護福祉士の方は、この理想を追い求める仕事です。
    「介護をしてお金をもらっている立場」としての責任だと思っています。
    施設の介護職の方はどのように介護していくべきなのか。
    その記事は、今後書く予定にしています。
     

    介護疲れに苦しむ現状

    介護の現状は本当に辛いものになっています。
    こちらの表をご覧ください。
     

    厚生労働省 自殺の統計:各年の状況

    こちらは令和元年中の自殺者のデータになります。
    注目は、この赤く囲われた部分です。
     
    そうです。
    悲しいことに、令和元年中に介護疲れが原因で自殺された方は、243人もおられるんです。
     
    自殺者以外にも、介護殺人のニュースも時々目に飛び込んできます。
     

    病気などを理由に介護されるようになると、その本人だけでなく家族の人生も変えてしまうことになるんです。

    介護者も生活を営むために、仕事をしなければなりません。
    「生活のために仕事をしながら、介護も同時に行う」
    想像するだけでもしんどいのは目に見えていますよね。
     

    介護保険制度の現状

    介護が必要となると、介護保険制度を利用します。
    介護保険は、介護が必要な方や介護者を助けてくれる制度ですが、課題もあります。
     

    現状として、重度の介護度の方の対応が間に合わっていません。
    福祉用具のレンタルや、各施設サービスを利用していても、在宅でみないといけない時間は、必ず発生します。

    注意ポイント

    ・施設の入所を予約しても、すでに予約待ちの人数が多いため順番が回ってくるまで、在宅サービスを利用しつつ待機することになります。

     

    【必見】介護疲れには選択肢がある

    「介護うつ」という言葉をご存じでしょうか?
    介護をしていくと、身体的にも精神的にも疲れがたまります。
    それにより介護者が「うつ」状態になってしまうことを言います。

     

    介護で疲れる原因

    介護で疲れる原因は大きく分け、3つに分けることができます。
    それは下記です。

    • 身体的ストレス
    • 精神的ストレス
    • 経済的ストレス

    身体的ストレス

    病気や老化で体の能力が低下していくと、介護者が介助することが増えます。
    日々の仕事で疲れて帰り、介護で体を休める時間がなくなり、また仕事・・・。
    私もよく、顔のほほがこける程疲れたご家族の姿を多くみてきました。
     

    精神的ストレス

    • 自分の思い通りにいかない
    • 休める時間がない
    • 未来がみえない

    多くはこのようなストレスで、疲れやストレスがたまります。
     

    経済的ストレス

    介護は無料でできるものではありません。
    介護に必要な物を揃えるのにも、お金が必要になります。

    介護にかかる費用の比較


     
     
     
    では
    いよいよ具体的な方法を説明します。
     
     

    介護疲れを軽減する方法

    具体的な方法は2つです。

    • 介助する時間・頻度を減らす
    • 問題行動を制限する

    この2つは明日からでも、試してみることができます。
    また、後述する説明には、食事面・排泄面の具体例をあげつつお伝えします。
     

    ➀ 介助する時間・頻度を減らす

    介護の基本に「残存能力の維持」というものがあります。
    その方のまだ保有されている能力を維持しようというものです。
    ご本人の残存能力の活用することで、介護者の負担は減らせます。

    具体例1:食事面

    ・自助具の使用を検討する。

    「手は動くけど、うまく食べれていない」
    「食べこぼしが多い」
    「片手が不自由だから、お皿が動いて食べにくそう」
    これらのことが、自助具で解決することも多いです。

    介護施設でも、実際食事について検討する際、自助具の考慮も考えます。
    しん

     
    私個人としては、介護で使用する消耗品などは、ネットでの購入が良いと思っています。
    良いと感じる点は下記です。

    • 買い物にいく手間が省ける。
    • 持ち運びを考えなくて良い。
    • 買い忘れた時でも安心。
    • 携帯一つで、他の便利グッズがみれる。

    購入できるサイト

     
    具体例2:排泄面

    「自分でできなから手伝わないといけない」という考えは、「全部手伝わなければいけない」という考えになりがちです。

    ポイント

    「どうやったら自分でいけるか」を考えましょう。

  • 安全にいけるように、家具などを伝って歩けるようにする。
  • ポータブルトイレの使用を検討する。

  •  
     

    残存能力を活用するケア

    メリット

    • 介護される側の現在の能力を低下を予防する。
    • 介護者の無駄な負担を減らす。

    デメリット

    • 1つ1つのケアに時間がかかる。
    • 怪我や事故が起こる可能性が高くなる。

    残存能力を活用したケアの本質は、基本的に「見守り」です。
     
     
     
    私のいろんな記事で説明していますが、全てのことに対してメリット・デメリットは存在します。
     
    ケアをするにあたり、デメリットを「0」にできたら、良いですよね。
    それは無理ですが(笑)
     
    しかし
    軽減できる方法はあります。
     
     

    1つ1つのケアに時間がかかる
    • 「手伝う」部分と「手伝わない」部分を決める。
    • 置かれている状況によって、優先順位を決める(時間?怪我?本人の満足感?)。
    • 本人に分かりやすいように、どこに何があるのか大きなメモを貼っておく。 等

    本人の行動を急がせたりすると、精神的に不安定になりやすいので、極力控えた方が良いです。


     
     

    怪我や事故が起こる可能性が高くなる
    • 腕や脚にレッグウォーマーをはいてもらう
    • 使用する物品の位置
    • 手すりなどの位置
    • 動くスペースの障害の除去   等

    これらは、主に「環境を考えていく」というものになります。


     
     

    ➁ 問題行動を制限する

    問題行動は、道具などのアイテムを使い回避をすることもできます。
    適さない言い方としては、「制限する」ことができます。
     
    みなさんは、「つなぎ服」はご存じでしょうか?
    介護職の方なら、知っている方が多いのではないでしょうか?
     

     
     

    つなぎ服とは?
    介護される側の排泄の問題に関して、行動を制限する衣類です。
    在宅介護の負担軽減できるアイテムの一つになります。
    自身で脱ぐことが難しいため、「おむついじり」を防止することができます。
     

     

    つなぎ服のケアについて

    メリット

    • 介護者の負担を軽減できる。
    • 介護者ペースの介護ができる。
    • 脱がれる掃除をする等の心配がない。

     
    デメリット

    • ご本人の尊厳は大切にできません。
    • 制限されるイライラで、他の行動を誘発する(暴力、暴言等)。

     
     
    「つなぎ服」の使用は、介護に携わる方のなかでも意見は分かれます。
    それは、高齢者虐待にあたる可能性があるからです。
     
    でもね
     
    はっきり言うと見方しだいです。
    介護のケアには虐待に関して3つの視点があります。

    • ブラックゾーン
    • グレーゾーン
    • ホワイトゾーン

    ブラックゾーンは、法律で禁止されています。
    グレーゾーンは、介護者の価値観で分かれます。
    グレーゾーンのケアは、つなぎ服だけに限りません。
    センサーマット徘徊用GPSスピーチロックなど多数あります。
     

    【在宅介護の理想】共に自由な生活を送る

     
    「介護者・介護される側の両者が、それぞれの自由な生活を確保できる」
    このことが、在宅介護に必要になると思っています。

    介護される側の気持ちを大切にするのはもちろんです。
    その逆も然りです。
    「どうやってバランスをとるか」これがすごく難しいことなんです。

     
     
    認知症のせいで
    好きだったおじいちゃん、おばあちゃんが嫌いになってしまう。
     
    好きだった姿からどんどん離れていく
     
    顔をみるだけで、イライラする。
     
    本当は嫌いになんかなりたくないのに・・・。
     
     
    どんなに辛いことか。
     
     
    そのために、専門職という介護のプロがいると思っています。
    現場で働いている職員さん、ご家族からするとみなさんは介護のプロです。
     
     
    私は、「介護者」も「介護される側」も余裕をもって生活することがお互いにとって良いと思います。
    身体拘束は高齢者虐待なのも重々承知です。
     
    しかし
     
    グレーゾーンが、「虐待」とは一概には言えません。

    それらのアイテムを使用することで、介護者が少しでも、余裕をもって笑顔で介護できる可能性があるなら、使うことも一つだと思います。

     
     
    理想論で、「本人の尊厳」や「行動制限されたことでの本人の不穏症状」をよく聞きます。
    間違っていないと思います。
    でも
    「理想の介護」をして、介護うつになるのは、「介護の理想」と言えるのでしょうか・・?
     
     
    私はこれからも、どうしたら両者が余裕をもって介護できるかを考えます。
    そして、ブログを通してみなさんに届けたいと思っています。

     

    さいごに

    介護に悩まれている方は、専門サービスに相談は必ずしていくださいね。
    しっかり話を聞いてもらえ、より詳しく対応してもらえると思います。

    また、愚痴や疲れを口に出せる場を作ることもおすすめします。
    専門機関や地域の認知症カフェ
    ネットの世界でも、twitterやFacebookのグループなど。
    優しい人が多くいますよ(*'▽')
     
    介護に携わる方へ
    私のブログでは、介護に役立つコツなどを書いています。
    参考にしてもらえると思います。

    スポンサーリンク

    おすすめ

    1

        しん介護施設で働く職員は、必ずといって良いほど直面する問題です       【人間関係の悩み】具体的にどんな問題があるの?   &n ...

    2

          しん 毎日同じことの繰り返しだな。 このままで良いのかな。 いつまで同じことをしているんだろう。   働いているうちに、こういった感情になってしまう ...

    3

          しん 人が足りないのに、働き方改革なんて無理だ! うちは働き方改革とは無縁だ・・。     そう思われている方もいるのではないでしょうか? ...

    4

          しん 今仕事を辞めて大丈夫なのかな? 今辞めても、次の職場がすぐに見つからないだろうな。 このように感じている方もおられると思いますが、そんなことはありません ...

    Copyright© ほのぼのかいご情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.